本文へ移動

水俣市立明水園

明水園からのお知らせ

2020-01-24
明水園からのお知らせを発信していきます。
 水俣市立明水園は、水俣病患者の方々の療養施設として昭和47年12月に水俣市複合施設明水園として開設され、以降水俣病認定患者対応の施設として経過してきました。
 設立当初は、重症心身障害児(者)施設(定員40人)と重度身体障害者授産施設(定員50人)でしたが、障がいの重度化により昭和52年に授産施設を廃止し、同時に重症心身障害児(者)施設の定員を60人としました。
 現在では、定員が65人となり入所者の健康保持、医療、看護、介護、リハビリテーション、日常生活援助などが本園の機能的役割となっております

ご利用に関するお問い合わせ先

 施設入所は、水俣病認定患者の方のみとなっております。
 ご利用を希望される方は、明水園事務課(0966-63-1108)までお問い合わせください。

施設概要

名称
水俣市立明水園
設置主体
水俣市
経営主体
社会福祉法人水俣市社会福祉事業団
施設種別
障害福祉サービス事業所(療養介護)
定員
65名
所在地
〒867-0008 熊本県水俣市浜4076番地
開設日
昭和47年12月15日
建物面積
5,173平方メートル
職員数
園長(医師):1名/サービス管理責任者:2名/医師:2名/看護師:30名/
介護員:14名/薬剤師:1名/理学療法士:1名/生活支援員:8名/
栄養士:1名/調理員:7名/事務長:1名/事務員:3名/警備員:3名
計:74名

医療

医療機関名
水俣市立明水園
病床数
65床
届出年月日
平成12年4月1日
診療科目
内科

在宅サービス

短期入所事業(ショートステイ)

医療と看護

 入所された方々が日々健やかに過ごしていただくために、健康の維持管理と疾病の早期発見・早期治療を行っております。
 種々の原因で障がいを持っておられる方々の残された機能を引き出し、より良い生活が送られるように医療、看護スタッフも一般病院としての体制の中、三交替制で昼夜入所者へのケアを行っております。
 また、利用者への定期検査や食事療養に基づいて一人ひとりに適した食事の提供が行われています。

生活支援

 日常生活の中で協調・和合・コミュニケーションを保ち、豊かな生活を送るための相談・援助を行っています。
 個人的な生活援助、家族、社会とのふれあいを保つために園内外での行事を企画しています。

日課

6時 起床・洗面
7時 朝食
8時
9時 機能訓練
10時 入浴
11時
12時 昼食
13時
14時 入浴・水分補給
15時 機能訓練
16時 更衣
17時
18時 夕食
19時
20時
21時 消灯

機能訓練

 脳血管障害後遺症を含め、運動機能の回復・保持や機能低下防止が訓練の重点課題となっています。
 個々に対応した療法を理学療法士により日課として行っています。

食事

 個々の状況に応じた食事処方による給食を提供しています。
 食事を楽しく召し上がっていただくために、季節の行事に合わせた工夫をこらしています。

年間行事

敬老の日(法話会)の様子
◆誕生会(毎月1回)◆理髪(毎月1回)◆音楽療法 ◆生け花
:外気浴散歩
:夏祭り
:敬老の日
:クリスマス会、干し柿つくり

水俣市立明水園 に関するリンク

社会福祉法人水俣市社会福祉事業団
〒867-0068
熊本県水俣市浜松町5番95号
TEL.0966-62-5717
FAX.0966-62-5725
TOPへ戻る